足のむくみで夜がだるーい。

足のむくみで夜がだるーい。半年間、仕事に行かずに家で過ごしています。買い物や掃除でよく動く日と、趣味の書き物や懸賞で座りっぱなしの日があります。一日家で過ごす日は、夕方になると足がむくんでくるのがわかります。足首と膝のうしろで古い血液がたまっているような、重〜い感じです。

 

椅子に座りっぱなしだと、特にそうなります。動くと多少は良くなりますが、夜まで何となく足が膨れたままのことも。年齢とともに回復が遅くなってきたような気もします。

 

お気に入りの解決策は夜寝るまえの足上げです。仰向けになって、片足ずつピンと伸ばして90度くらいまで上げます。両手で足首を持って頑張ってキープ。30秒くらいが理想、無理しない程度に。けっこうキツイですが、すっきりしますよ。次の日は足が軽いてす。仕事を集中すればするほど足のむくみが出る現在の私はフリーランスの仕事で1日8時間以上パソコンデスクに座り続けているのですが、そうして長時間座り続けているとたまに足のむくみに悩まされます。

 

 

 

ある程度気楽に仕事ができているときはまだ良いのですが、集中して仕事をしているとついつい立ち上がって体を動かすことを忘れてしまうため、集中すればするほど足のむくみを感じやすくなります。

 

 

 

仕事はある程度集中してやらなければはかどらないのでしょうがない部分もあるのですが、だからと言ってあまり足がむくむのも困ります。

 

 

 

そんな足のむくみを解消するには、たとえ5分でも良いから席を離れ、体全体に血液を均等に送り込むことが大切です。ですので、これからもしっかりと足を休憩させ、足のむくみ症状が出ないようにしたいです。

 

足のむくみは危険信号

 

足のむくみは危険信号足のむくみは良くなる人がいます。自分もなりますが、なるときには大体がお酒をんだ次の日、たち仕事を長時間した日になるときが多いです。このような足のむくみは、ほとんどの場合、治ります。

 

 

 

ですが、治らないものもあります。それは、腎臓病になると、足のむくみが取れなくなることがあります。腎臓の難病になっているので、それが良くわかります。足のむくみは、身体が危険信号を発している場合もあるのです。

 

 

 

普通の足のむくみの解消法としては、寝るときに足を少し高い位置に上げて寝るのがいいとされています。足の下にやわらかい枕なんかを置くのがいいです。それでもむくみが引かなかったら、病院に行って検査をすることをお勧めします。大丈夫だと思っていても、実際にはわからないものです。あしのむくみの原因と解決法あしのむくみの原因にはさまざまなことが考えられるでしょうが、一番の大きな要因は脚の血流が妨げられたり悪くなったりすることによってむくみが生じます。

 

私の経験からいうと、ヒールをはいての立ち仕事をずっとしていたため仕事終わりは必ずと言っていいほど脚がパンパンにむくんでいました。

 

脚の色が紫がかって悪くなりずっしりと重く感じることも多々あります。

 

むくみ事態は半身浴やあし先を温めることによって解消されていました。

 

プライベートでも8から9センチのヒールをはいて一日中歩きまわっていたことおありました。 そんなときは夕方には脚がパンパンになり痛くて歩けないほどです。

 

一番の解消法はランニングではないでしょうか。 時間があればジムでランニングするようになってから脚がむくんで悩むということがあまりなくなりました。

 

むくみサプリの決定版